新潟県弁護士会

声明・意見書

2017年04月28日|声明・意見書

司法修習生の経済的支援の制度創設にあたっての会長声明

 平成29年4月19日、平成29年度以降に採用される司法修習生に新たな給付型の経済的支援を行う
「裁判所法の一部を改正する法律」が、政府提案のとおり可決され成立しました。
 司法制度は、三権の一翼として、法の支配を社会の隅々まで行き渡らせ、市民の権利を実現するための
社会に不可欠な基盤であり、法曹は、その司法を担う重要な役割を負っています。このため国は、司法試
験合格者に法曹にふさわしい実務能力を習得させるための司法修習を命じ、修習専念義務をも課していま
す。ところが、平成23年11月に司法修習生に対する給費制が廃止されて貸与制が開始したことによる
経済的負担の重さから、法曹を断念する者が生じるという深刻な問題が発生し、司法を担う法曹の人材を
確保し、修習に専念できる環境を整備するための経済的支援が喫緊の課題とされてきたものです。
 当会は、経済的負担の重さから法曹の人材の確保ができず、ひいては日本の司法制度が弱体化するおそ
れがあるとして、市民集会、パレード、国会議員・マスメディアと日弁連会長との懇談会等、多くの方々
にご理解いただくべく活動をしてきました。
 そして、司法修習生に対する経済的支援の必要性について、多くの市民の皆様、国会議員の皆様などか
ら賛同が寄せられるようになり、本法が成立するに至りました。
 法改正に賛同いただいた国会議員を始め皆様方の御協力、御尽力に感謝いたします。
 しかし、新制度によっても、司法修習生に対する給付額については、司法修習生が修習に専念できる経
済的基盤として十分とは言えません。
 より充実した司法修習を実現させるべく、司法修習生に対する適正な給付金額について引き続き検討し
ていかなければなりません。
 また、本法では無給での司法修習を余儀なくされた新第65期から第70期までの司法修習生に関して
何も触れていません。
 新第65期から第70期の司法修習生のみが無給での司法修習を強いられ、給費制の基で修習した旧第
65期、第64期以前の司法修習生、及び修習給付金の支給を受ける第71期以降の司法修習生と比較し
て不公平が生ずることになります。
 そのため、新第65期から第70期までの司法修習生に対する不公平を解消するための措置を取ること
が必要不可欠です。
 このように、本法が成立した後も、給付金額、及び新第65期から第70期までの司法修習生に対する
不公平に対する是正措置、という2つの課題があります。
 当会としては、今後も上記の課題の解決を実現すべく、努力していく所存です。

2017年(平成29年)4月28日
                       新潟県弁護士会
                          会長 兒 玉 武 雄

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!