新潟県弁護士会

声明・意見書

2013年12月7日

特定秘密保護法案の参議院での強行採決に抗議する会長声明

政府は、昨日、参議院において特定秘密保護法案の強行採決を行った。 本法案は、衆議院で修正されたものの、その本質は全く変わっておらず、秘密保護の名の下に、国民の知る権利や報道の自由を侵害し、わが国の自由と民主主義を否定するものである。さらには憲法で定められている両議院の国政調査権さえも制限するなど、... 続きを読む »

2013年12月6日

参議院での徹底審議を求める緊急談話

政府は、12月5日、福島瑞穂議員に対し、「特別秘密の保護に関する法律案[逐条解説]」(以下、「逐条解説」という)なる文書を開示した。 同文書は、政府部内で秘密保護法案を検討している際にその逐条解説として作成されたものと思われ、そこに記載されている法案は国会に提出された法案とは異なる点も多いが、共通... 続きを読む »

2013年10月25日

商品先物取引について不招請勧誘禁止を撤廃することに反対する会長声明

本年6月19日、衆議院経済産業委員会において、証券・金融・商品を一括的に取り扱う総合取引所での円滑な運営のための法整備に関する議論の中で、内閣府副大臣は、委員の質問に対し「商品先物取引についても、金融と同様に、不招請勧誘の禁止を解除する方向で推進していきたい」旨の答弁をした。 この答弁は、総合取引... 続きを読む »

2013年10月25日

改めて生活保護法改正案の廃案を求める会長声明

本年10月15日、臨時国会の開催に伴い、「生活保護法の一部を改正する法律案」(以下「新改正案」という。)が閣議決定された。 当会は、本年5月29日、「生活保護法の一部を改正する法律案」(以下「旧改正案」という。)について、「「生活保護法の一部を改正する法律案」の廃案を求める会長声明」を公表し、... 続きを読む »

2013年09月24日

特定秘密の保護に関する法律案に反対する会長声明

政府は、秘密保全に関する法制の整備のための法案化作業に取り組んできたが、2013年(平成25年)9月3日、法案化作業の検討結果を「特定秘密の保護に関する法律案(以下「本法案」という)の概要」として取りまとめた。しかしながら、日本国憲法の基本原理を尊重する立場から、以下の理由に基づき、当弁護士会は、本... 続きを読む »

2013年09月12日

被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)に対する会長声明

1、はじめに 平成25年8月30日、復興庁は、原発事故子ども・被災者支援法(以下「支援法」という)に関し、「被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)」(以下、「基本方針案」という)を公表した。 東京電力福島第一原子力発電所事故(以下「原発事故」という)により、新潟県内には、未だ501... 続きを読む »

2013年07月9日

憲法第96条の憲法改正発議要件緩和に反対する決議

決議の趣旨 当会は、憲法第96条を改正して、憲法改正の発議要件を緩和することに強く反対する。 決議の理由 1 憲法第96条を改正しようとする最近の動き 憲法第96条は、憲法改正の要件について、各議院の総議員の3分の2以上の賛成による憲法改正案の発議と国民投票による過半数の賛成によ... 続きを読む »

2013年07月9日

民法改正に関する意見書

【意見の趣旨】 新潟県弁護士会は、現在、法務省法制審議会民法(債権関係)部会で進められている民法(債権関係)改正審議 に関し、以下のとおり意見を申し述べる。 1 民法(債権関係)改正の在り方について 同改正の社会的必要性(立法事実)の有無を慎重に審議するものとし、仮に改正するとしても、立法... 続きを読む »

2013年06月18日

復興庁参事官によるツイッターへの書き込みに強く抗議し、原発事故子ども・被災者支援法の趣旨に忠実な基本方針の早期策定を求める会長声明

本年6月13日、「原発事故子ども・被災者支援法」(以下、「支援法」という。)を担当する復興庁の参事官が、ツイッター上で、被災者や支援者、国会議員らを誹謗中傷するなどの不適切な書き込みを繰り返していたことが発覚した。 当該参事官は、支援法の具体的施策の策定にあたり、被災者の声を聞くためのフォーラム等... 続きを読む »

2013年06月18日

憲法第96条の憲法改正発議要件緩和に反対する会長声明

昨年12月の総選挙の結果、自由民主党、日本維新の会及びみんなの党の三党は、衆議院において3分の2以上の議席を占めるに至った。これら三党は、憲法第96条の発議要件を、衆参各院の総議員の3分の2以上の賛成から過半数の賛成へ緩和しようとしている。しかし、憲法第96条を改正して、国会の発議要件を緩和すること... 続きを読む »

1 / 212

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!