新潟県弁護士会

声明・意見書

2013年12月7日|声明・意見書

特定秘密保護法案の参議院での強行採決に抗議する会長声明

政府は、昨日、参議院において特定秘密保護法案の強行採決を行った。
本法案は、衆議院で修正されたものの、その本質は全く変わっておらず、秘密保護の名の下に、国民の知る権利や報道の自由を侵害し、わが国の自由と民主主義を否定するものである。さらには憲法で定められている両議院の国政調査権さえも制限するなど、行政に対する国会の民主的なコントロールを骨抜きにしかねない。
そもそも本法案は、その作成の時から秘密裏に行われてきたものであり、国民だけでなく国会議員さえも法案の内容を知らされてこなかった経緯がある。そして、本法案の内容とその問題点が広く国民に報道されるようになったのはごく最近になってからのことである。国民のなかで法案の内容と問題点を知る人たちが増加するにつれ、アンケート調査でも国民の多くが反対し、多数の著明な法学者、科学者、作家、映画人、ジャーナリスト、弁護士やそれらの団体、労働組合、市民団体等、国民の各界各層から反対意見が続々と出され、また、圧倒的多数の国民が国会における慎重審議を求めていた。
新潟県弁護士会も、平成24年5月に本法案の前身である秘密保全法制定に反対する総会決議を行い、2回にわたり法案に反対する会長声明を発し、市民集会、メディアとの懇談会、街頭宣伝、国会議員要請等を行ってきた。
しかし、政府は、衆議院と同様に参議院においても数を頼んで強行採決を行った。国民は、与党に全てを白紙委任したものではない。多くの反対意見が出されており、圧倒的多数の慎重審議を求める国民の声を無視し、国会の多数を頼んで強行採決を行ったのは、許しがたい暴挙と言わなければならない。
新潟県弁護士会は、ここに会長声明を発し、本法案の強行採決に強く抗議するものである。

2013年(平成25年)12月7日
新潟県弁護士会
会  長  味  岡  申  宰

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら