新潟県弁護士会

ニュース

2015年01月1日|ニュース, 弁護士会オススメ情報

憲法について考えよう!弁護士派遣制度のご案内

憲法の学習会に弁護士を講師として呼んでみませんか?

三つの特徴

  1. 憲法に関するものであれば、どのようなテーマでも可能な限り対応します。
  2. 市民のみなさんからの要望に応じて講師を派遣します。
  3. 講師費用は一切かかりません。

よくある質問

【1】 なぜ講師派遣制度を設けたのですか?

最近、憲法改正国民投票法が制定されたり、集団的自衛権行使容認閣議決定がなされたりして、市民のみなさんの中に「憲法についてもっと知りたい、もっと考えてみたい。」という気持ちが広がっているようですが、「憲法について知り、考える機会が見つからない。」と思っておられる方々が多いのではないかと思われます。弁護士会が市民のみなさんからの要望に応じて弁護士を学習会の講師として派遣する制度を設けることにより、そのような方々のお役に立てるのではないかと考えて、この制度を設けました。

【2】 どのような形式で行うのですか。

形式は決まっていません。講演形式でも、講演プラス討論という形式でも、できる限りご要望に応じたいと考えています。

【3】 どのようなテーマで依頼してもよいのですか。

そのとおりです。講演テーマとして、例えば、「そもそも憲法って何?」、「今の憲法はどのようにして作られたのか」、「なぜ憲法改正が問題になっているのか?」、「集団的自衛権について」、「表現の自由って、どんなもの?」、「生活保護と憲法の関係」等々を挙げることができますが、これらに限らず、市民のみなさんが知りたい、考えてみたいと思われるテーマでお申し込みいただければ、憲法に関するテーマであれば、可能な限り対応します。

【4】 どのような人が申込めるのですか?

新潟県内にお住まいの方であれば、誰でも申し込むことができます。ただし、5名以上グループでのお申し込みに限らせていただきます。

【5】 どのような場所で行うのですか?

公民館、地域の集会場等の公共施設、民間の貸し会議室といった場所で行われることが多いのではないかと考えられますが、特別の限定はありません。新潟県弁護士会館内の会議室が空いている場合は、そこを使用することも可能です(ただし、使用料をご負担いただきます)。

【6】 費用はかからないのですか?

講演料や講師の交通費等、講師に関する費用は一切かかりません。講師派遣は新潟県弁護士会の活動として行い、講師の派遣費用等はすべて弁護士会が負担します。ただし、会場使用料や会場の備品使用料等、会場使用に伴う費用は、学習会の主催者側でご負担いただきます。

【7】どのようにして申し込めばよいのですか。

下記の申込方法に従って、申込書をご送信いただくだけで結構です。

申込方法

以下の申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、Fax又はメールにてお申込みください。

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!