新潟県弁護士会

知的財産

知的財産について

知的財産問題の一例紹介

まもルンの疑問当社の商品と同じ名称が、他社が販売する同種の商品に使われているのですがどうしたら良いですか?

ご相談の「同じ名称」が具体的に不明ですので、一応「商品名」であると仮定してみます。貴社がその商品名を商標登録していれば、商標権侵害を理由に当該商品名の使用差止めや損害賠償を請求することが考えられます。但し、「どのくらい類似しているか」等の判断が必要ですので、慎重に検討することをお薦めします。また、商標登録していない場合には、不正競争防止法によることも考えられます。同様に、この法律を使って差止等ができるかは、慎重に検討しなければなりません。安易に警告書等を送付し、最終的に訴訟で敗訴した場合には、逆に損害賠償を請求される可能性もありますので、弁護士にご相談することをお薦めします。

他社が、当社の商品の模倣品を販売しているのですが、どうしたら良いですか?

ご相談の模倣品ですが、まずは、どのような点に「模倣」があるかを具体的に教えていただくことになります。つまり、形状なのか、効用なのか、表示部分なのか等が考えられます。とりあえず、簡単に言いますと、商品名の表示が似ているのであれば商標、形状であれば意匠、効用であれば特許、デザインや写真であれば著作権などを使うことが考えられます。また、貴社に商標権や特許権等がない場合には、不正競争防止法によって販売の差し止めも考えられます。但し、これらには例外があります。例えば、貴社が特許を取得する以前から、当該他社がすでに商品化していた場合には、差止等をすることはできません。上記同様、慎重に検討することをお薦めします。そして、同様に安易に警告書等を送付し、最終的に訴訟で敗訴した場合には、逆に損害賠償を請求される可能性もありますので、弁護士にご相談することをお薦めします。

お問い合わせ先

新潟県弁護士会までお気軽に!

新潟県弁護士会 電話番号 025-222-5533

新潟県弁護士会
〒951-8126 新潟県新潟市中央区学校町通1-1 新潟地方裁判所構内
受付時間:平日9:00~12:00及び13:00~17:00

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!