新潟県弁護士会

DV・ストーカー

DV・ストーカーでお困りの方へ

DV・ストカー問題の一例紹介

まもルンの疑問元交際相手が自宅前で待ち伏せしたり、何度も拒否しているにもかかわらず執拗にメールを送ってきます。毎日とても恐い思いをして過ごしています。

自宅前での待ち伏せや執拗に電子メールを送ってくることは、いわゆる「ストーカー規制法」により規制の対象とされている行為に該当すると考えられます。警察署にご相談すると、警察からストーカー行為を繰り返している相手に対して、ストーカー行為をやめるよう「警告」を出してもらうことができます。

もし、相手がこの「警告」に従わずにストーカー行為を繰り返す場合には、「禁止命令」を出してもらうこともできます。禁止命令に違反してストーカー行為をした場合には、罰則が定められています。そのため、ストーカーの被害にあっている場合には、まずは最寄りの警察署にご相談いただくことが重要です。ただし、「ストーカー」に該当するかどうかは難しい問題があるため、警察が十分な対応をしてくれない場合も考えられます。その際には、弁護士に相談してください。

毎日のように夫(妻)から殴ったり蹴ったりという暴力を受けています。

こういった配偶者からの暴力行為について、いわゆる「DV防止法」により、裁判所が「保護命令」を出すことが出来ます。この保護命令には、被害者に6か月間接近することを禁止する「接近禁止命令」などがあります。この命令に反した場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられますので、実効性が期待できます。

また、「保護命令」以外にも、退去命令、一時保護などの手続もあります。配偶者から日常的に暴力を受けている場合には、まずは警察又は配偶者暴力相談支援センターへ相談することが重要です。裁判所へ「保護命令」を出してもらうための申立書にどういったことを書けばよいのか、どういった証拠が必要なのかなど、わからないことがありましたら、弁護士にご相談ください。

お問い合わせ先

新潟県弁護士会までお気軽に!

新潟県弁護士会 電話番号 025-222-5533

新潟県弁護士会
〒951-8126 新潟県新潟市中央区学校町通1-1 新潟地方裁判所構内
受付時間:平日9:00~12:00及び13:00~17:00

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!