新潟県弁護士会

保証・金銭問題

保証・金銭問題について

保証・金銭問題の一例紹介

まもルンの疑問Q1. 友人にお金を貸したのですが、催促しても返してくれません。

A1. 裁判所の手続きを利用することも考えられます。

貸したお金を返してもらうよう求めるにあたって、どういった決まりでお金を貸したのか(返済期限を取り決めたのか、利息や遅延損害金は定めたのか、どういった方法で返済するのかなど)、契約書は作成したのか等を確認する必要があります。その上で、お金を貸したことが契約として有効であれば、その友人に対して請求を行います。また、民事調停や訴訟という裁判所の手続を利用することも考えられます。

判決などで友人への貸したお金の返済を求める権利が確定すれば、財産の差し押さえ等の強制執行の手続をとることもあり得ます。そもそも契約が有効なのか、どういった手段で返済を求めるのかなど、まずは弁護士にご相談ください。

Q2. 友人の連帯保証人になったが、友人の行方がわからなくなってしまった。

友人が事業を始めるとき、「絶対に迷惑をかけないから」と言われました。長い付き合いなので、私は金銭消費貸借契約書の連帯保証人の欄に署名、押印しました。1年後、その友人の行方がわからなくなり、お金を貸したという人から支払いを求められています。私は支払わなければならないのでしょうか。

A2. 基本的に支払う義務を負いますが、例外もあります。

一般的には、お金を借りた場合の連帯保証人は、主たる債務者(例では友人)がお金を債権者に返済しない場合、お金を支払う義務を負います。もっとも、契約書にサインした場合でも、サインするに至った経緯などから、一定の場合には契約の効力が否定されるケースもあり得ます。また、時効が経過して支払う必要が無い場合も考えられます。

わからないことがありましたら、弁護士にご相談ください。

お問い合わせ先

新潟県弁護士会までお気軽に!

新潟県弁護士会 電話番号 025-222-5533

新潟県弁護士会
〒951-8126 新潟県新潟市中央区学校町通1-1 新潟地方裁判所構内
受付時間:平日9:00~12:00及び13:00~17:00

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!