新潟県弁護士会

土地・境界

境界問題でお困りの方へ

境界問題の一例紹介

まもルンの疑問Q. 境界の話し合いが平行線で折り合いがつかない。

私は、隣の家との間で、「土地の境界をどこにするか」で争いになっています。できるだけ、話し合いによって円満に解決したいと思っていますが、隣の方は、話し合いになっても、自分の要求を通すだけです。このような場合には、どのようにすればよいのでしょうか。

A. 筆界(ひっかい)確定訴訟の提起で、境界の確定手続を行います。

土地の境界は、土地の地番と地番の境を意味します。土地境界は、国作成の図面等によって公的に設定されたものであり、土地所有者間の合意により境界を決定したり、変更することは許されません。そのため、土地所有者間で境界に争いがある場合には、地方裁判所または簡易裁判所に筆界確定訴訟の提起をすることで、境界の確定手続を行います。

訴訟では、訴訟を提起し原告は、自分の主張する境界線を明らかにします。しかし、裁判所は、原告あるいは裁判を提起された被告の主張の内容や範囲に拘束されずに、資料(公図その他の図、その土地及び隣接土地の売買契約書並びに実測図など)をもとに、総合的に判断したうえで、境界線を定める判決を行います。「原告・被告の主張に裁判所が拘束されない」という点が、通常の訴訟にない特徴です。

この他に境界争いの解決手段として、法務局に対する筆界特定の申請を行う方法もあります(筆界特定制度)。この手続は元々あった筆界を明らかにする制度ですが、結果に納得がいかない場合には、先に紹介した筆界確定訴訟で争うことができます。なお、土地の境界の争いは、土地所有権の範囲の争いであることも多いと思います。土地所有権の範囲を確認するには、筆界確定訴訟とは別に、所有権確認訴訟を提起する必要があります。ただし、土地所有権の範囲は、境界と違い、当事者間の合意で確認することもできます。

土地の境界に関する争いがある場合、弁護士は、境界を争う当事者の一方から依頼を受けて、書面を作成し、裁判所に出頭します。もう一方の当事者も、別の弁護士に依頼することができます。

筆界とは?

不動産登記の手続きにより決定された一筆の土地の範囲を示す界のことであり、「公法上の境界」ともいわれています。最初に地番が付された時や分筆、合筆されたときに固定され、土地の所有者で変えたりすることは出来ず、土地の一部に時効取得が生じても変わりません。そのため、登記や地図に表示されている筆界を変えることは原則認められておりません。

お問い合わせ先

新潟県弁護士会までお気軽に!

新潟県弁護士会 電話番号 025-222-5533

新潟県弁護士会
〒951-8126 新潟県新潟市中央区学校町通1-1 新潟地方裁判所構内
受付時間:平日9:00~12:00及び13:00~17:00

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!