新潟県弁護士会

遺言・相続

遺言書・相続問題でお困りの方へ

遺言書・相続問題の一例紹介

まもルンの疑問どのような場合に遺言書を作成した方がよいでしょうか。
また遺言書はどのようにして作成するのでしょうか?

遺言書は、特定の相続人に特定の財産を与えたい場合に有用です。遺言書の方式としては、自筆証書遺言、公正証書遺言などがありますが、一般的には公正証書遺言が確実です。弁護士は遺言書の作成、遺言執行のほか、相続問題全般を取り扱っていますので、ご相談下さい。

そのほか、このようなご相談が寄せられています。

人が亡くなると、その人の財産(遺産)は相続人に引き継がれます。しかし、相続人が複数いる場合、誰が、何を相続するのか、トラブルとなることは少なくありません。

お問い合わせ先

新潟県弁護士会までお気軽に!

新潟県弁護士会 電話番号 025-222-5533

新潟県弁護士会
〒951-8126 新潟県新潟市中央区学校町通1-1 新潟地方裁判所構内
受付時間:平日9:00~12:00及び13:00~17:00

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!