新潟県弁護士会

声明・意見書

2010年03月16日|声明・意見書

新潟地方裁判所における裁判員裁判第1号事件の審理開始にあたって 会長談話

本日、新潟地方裁判所において、全国で本年度最後の裁判員裁判第1号事件の審理が始まりました。
これまでの専門家だけによる刑事裁判は、冤罪事件が相次いで明らかになるなど社会から強い批判を受けてきたところです。このため、裁判員裁判制度に対しては、市民の常識的判断を入れることで刑事裁判を再生させることが期待されていると言えます。言わば「自分も被告人席に立たされることがあるかも知れない」という市民感覚を刑事裁判に注ぐものです。
当会は、2008(平成20)年2月29日に裁判員法の施行延期を求める旨を決議し、その後も取調べの全面可視化を求める取り組み、多数決による死刑評決に反対し死刑制度の見直しを求める決議、裁判員の守秘義務をテーマとした市民集会の開催等を通じて、問題提起を行ってきました。他方で、対象事件の国選弁護態勢の整備、弁護技術向上のための研修の実施等により、制度の施行に向けて万全を期してきたところです。
裁判所によれば、昨年12月末日までに全国で1154件が起訴され、現在までに300件以上の審理を終えているとのことです。そして、その成果と問題点も具体的に指摘されてきています。新潟県でもすでに10件の裁判員裁判が起訴されており、今後相次いで審理が始まろうとしているところです。
当会は、各事件の弁護人の努力に期待するとともに、弁護士会として、全国各地の経験を踏まえ、第1号事件及びその後に続く各事件を十分に検証し、弁護士としての現場の目線から制度の改善のための具体的な提言を行い、刑事裁判制度の適正な運用に向けてより一層努力していく所存です。
以上

2010(平成22)年3月16日
新潟県弁護士会会長
和田光弘

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら