新潟県弁護士会

声明・意見書

2016年01月20日

司法修習生に対する給付型の経済的支援を求める会長声明

これまで、日本弁護士連合会、各地の弁護士会では、国会議員の方に、司法修習生への給付型の経済的支援(修習手当の創設) を要請してきました。今般、その賛同メッセージが、本県関係の12名の国会議員の方を含め、衆参両院の合計議員数717名 の過半数である359名を超えました。 これを踏まえ、当会は、あ... 続きを読む »

2016年01月15日

Do-Not-Call/Knock制度の導入を求める会長声明

~特定商取引法に事前拒否者への勧誘禁止制度の導入を~ 第1 声明の趣旨    特定商取引に関する法律(以下、「特定商取引法」という。)に、予め、訪問又は電話による勧誘行為を拒絶する意思を   表示している消費者に対しては、これらの勧誘行為を禁止する制度(事前拒否者への勧誘禁止制度)を導入すべき... 続きを読む »

2016年01月15日

消費者庁・国民生活センター・消費者委員会の地方移転に反対する会長声明

~消費者行政の司令塔機能を弱めてはならない~  政府は、「まち・ひと・しごと創生本部」に「政府関係機関移転に関する有識者会議」(以下「有識者会議」という。)を 設置し、政府関係機関の地方移転について検討している。その中で、消費者庁の全部(内閣府消費者委員会を含む)と国民生活 センターの全部を徳... 続きを読む »

2015年09月19日

安全保障関連法案の強行採決についての会長コメント

安全保障関連法案の強行採決についての会長コメント 会長コメント.pdf 安全保障関連法案の採決強行に抗議し、同法の廃止等を求める声明 http://www.niigata-bengo.or.jp/20150919-anpo/ 2015(平成27)年9月19日 新潟県弁護士会会長 平 哲... 続きを読む »

2015年09月19日

安全保障関連法案の採決強行に抗議し、同法の廃止等を求める声明

平和安全法制整備法案及び国際平和支援法案(以下あわせて「本法案」という。)は、今月17日、参議院特別委員会において、総括質疑が省略される中、議事経過を速記録に録取するのが困難なほど騒然とした状況下で採決手続が強行された。さらに、本日未明の本会議において、与党の動議により1人15分に制限された討論の後... 続きを読む »

2015年09月15日

安全保障関連法案の採決強行を行わず、廃案を求める会長声明

現在、平和安全法制整備法案及び国際平和支援法案(以下「本法案」といいます。)が、参議院「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」(以下「特別委員会」といいます。)に係属、審議中です。 しかし、本法案について、近日中にも、特別委員会及び参議院本会議で強行採決が行われる見込みとの報道が... 続きを読む »

2015年07月22日

「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(いわゆる「カジノ解禁推進法案」)に反対する会長声明

第1 声明の趣旨 当会は、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(いわゆる「カジノ解禁推進法案」、以下「本法案」という)に強く反対し、本法案の廃止を求める。 第2 声明の理由 1. はじめに 平成27年4月28日、本法案が国会に提出された。本法案は、昨年の衆議院解散によって廃案に... 続きを読む »

2015年07月17日

安全保障関連法案に反対し、衆議院本会議における強行採決に抗議する声明

本日、衆議院本会議において、平和安全法制整備法案及び国際平和支援法案(以下併せて「安全保障関連法案」といいます。)の採決が与党単独で強行され、可決されました。 関東弁護士会連合会は、集団的自衛権の行使や海外での武力行使を容認する「安全保障関連法案」が、日本国憲法第9条等の定める恒久平和主義の内... 続きを読む »

2015年07月15日

衆議院特別委員会における安保法制関連法案の強行採決に抗議し、衆議院本会議における強行採決に反対する会長声明

本日、衆議院の「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」(以下「特別委員会」といいます)は、平和安全法制整備法案及び国際平和支援法案(以下「本法案」といいます)の採決を強行し、承認しました。 当会はこれまで、当会総会決議等で、本法案が、憲法9条等が定める恒久平和主義や、立憲主義に反... 続きを読む »

2015年06月16日

借上げ住宅の打ち切りに反対する会長声明

本年6月15日、福島県は、災害救助法に基づく避難先の住宅供与(一定の家賃補助。以下「借上げ住宅」という)を、国の同意を得て1年延長し、現時点での避難指示区域以外からの避難者(以下「区域外避難者」という)については2017年3月で打ち切る方針を公表した。 福島第一原発事故の影響により、新潟県に避... 続きを読む »

3 / 1812345...10...最後 »

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533
詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

新潟県弁護士会 新潟相談所
  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!