新潟県弁護士会 – 弁護士会

声明・意見書

2019年05月31日|声明・意見書

取調べの全事件全過程可視化実現を求める会長声明

 本日、被疑者取調べの全過程の録音・録画の義務付けを内容とする改正刑事
訴訟法が施行された。
 法律による取調べの録音・録画の義務付けは、当会も含めた各弁護士会、各
弁護士会連合会、日本弁護士連合会、研究者及びえん罪被害者やその支援者等
といった市民の粘り強い運動により実現したものであり、えん罪防止に向けた
重要な歩みとして極めて意義深いものである。
 当会としては、弁護士である会員に対し、制度についての周知徹底を行うと
ともに、例外事由が拡大解釈され、録音・録画義務の範囲が不当に限定される
不適正な事案が生じた場合には、警察及び検察庁に対する申入れなどにより是
正を図るなど、同制度の趣旨に沿った運用がなされていくよう努めていく。
 他方、今回の法改正により取調べの録音・録画が義務化されたのは、身体拘
束下の、裁判員裁判対象事件及び検察官独自捜査事件の被疑者取調べのみであ
る。対象事件が限定的である上、身体拘束を受けていない場合のいわゆる在宅
取調べは含まれておらず、不十分な点があると言わざるを得ない。
 取調べの適正化及びえん罪防止という取調べの録音・録画の趣旨に鑑みると
き、取調べの録音・録画は、全ての事件に拡大されるべきである。
 この点を受け、衆議院法務委員会では、改正刑事訴訟法の採決にあたり、「
検察官及び検察事務官並びに司法警察職員は、取調べ等の録音・録画に係る記
録媒体が供述が任意になされたものかどうか判断するための最も重要な証拠と
なりうること及び取調べ等の録音・録画が取調べの適正な実施に資することに
鑑み、刑事訴訟法第301条の2第4項の規定により被疑者の供述及びその状
況を記録しておかなければならない場合以外の場合(被疑者以外の者の取調べ
に係る場合を含む。)であっても、取調べ等の録音・録画を、・・・できる限
り行うように努めること」との附帯決議をした。当会は、この附帯決議の趣旨
に鑑み、今回の法改正により録音・録画が義務付けられた事件以外の事件につ
いても、取調べの録音・録画がなされるとの運用を実現するよう、会員ととも
に実践を積み重ねていく。
 さらに、当会は、改正法附則9条2項に定める施行後3年見直しに向け、取
調べに関する運用についてのデータを蓄積し、積極的な情報発信により取調べ
可視化についての社会的な理解を得るよう努め、法制度上も、全ての事件にお
ける取調べ全過程の録音・録画の義務付けがなされるよう全力を尽くすことを、
ここに表明するものである。

                        2019年(令和元年)6月1日
                         新潟県弁護士会
                          会 長  齋  藤     裕

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら