新潟県弁護士会 – 弁護士会

声明・意見書

2019年07月11日|声明・意見書

同性間で利用できるパートナーシップ制度導入を求める会長声明 「愛し合う二人のために」

 互いに愛し合い苦楽を分かち合い生活を共にしている二人が異性であるか同性で
あるかによって、その取り扱いを分けることが許されるのでしょうか。

 日本国憲法は、全ての人がかけがえのない存在として大切にされること、全ての
人が平等であること、家族に関する事項については個人を尊重して定めるべきこと
を求めています。性的指向(どのような性別の人を好きになるか)や性自認(自分
の性別に対する認識)は、その人の生き方、その人の人格の一部であって、性的マ
イノリティの存在を社会が受け止めることが憲法上求められていると言えるでしょ
う。
 異性カップルには、婚姻を始めとして、様々な制度が設けられています。しかし、
同性カップルにはそのような制度はなく、医療・福祉・就労など様々な場面で人生
の伴侶として扱われないといった困難に直面します。このような現状は、一人一人
が大切にされておらず、不平等な状態が放置されているものであって、憲法の精神
に反した状態にあると言わざるを得ません。

 新潟市は、市議会での市長答弁で、2020年度までに同性パートナーシップ制
度を導入することを表明しています。
 新潟県弁護士会は、新潟市の同性パートナーシップ制度導入を歓迎するとともに、
新潟県内の全自治体に対して同性パートナーシップ制度の早期導入を求めます。

 新潟県弁護士会では、性的マイノリティの課題に取り組むレインボープロジェク
トチームを立ち上げ、会内での研修会などを通じて理解を深めてきました。実際に、
電話相談会を実施して、当事者の生の課題に取り組んできました。また、当事者団
体との勉強会を通じて、パートナーシップ制度の導入を求める強い意志を受け取っ
ています。新潟県弁護士会は今後もこの歩みを続けていく考えです。

HAPPY PRIDE!※

                      2019年(令和元年)7月9日
                        新潟県弁護士会
                            会長 齋 藤  裕

 

※「HAPPY PRIDE!」について
PRIDE(プライド)とは、性的マイノリティが自分の性的指向や性自認を恥じる
のではなく、自分の個性として受け入れ、誇りに持つという意味で使われています。
性的マイノリティのパレードを中心としたイベントの多くが、このPRIDEという
言葉を取り入れており「New York Pride」「東京レインボープライド」などイベン
トの名称として定着しています。
そのイベントでの挨拶が「Happy Pride!」です。新年に「Happy New Year!」誕生
日に「Happy Birthday!」と言うように、みな口々に「Happy Pride!」と挨拶し合
い、ハイタッチをして、お互いに認め合い喜び合います。

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら