新潟県弁護士会 – 弁護士会

声明・意見書

2020年03月30日|声明・意見書

学校再開についての指針を踏まえ、各教育委員会において教育を受ける権利の保障を十分踏まえた判断をすることを求める会長談話

 令和2年3月24日、文部科学省は、学校再開に関する指針を明らかにした。
 今後、各自治体において学校の再開について本格的に検討されることと思われる。
また、状況によっては再度休校の判断をすることもありうるところである。
 その際、各教育委員会においては、適宜専門家の意見を聴取するなどした上、学
校を再開することで生ずる公衆衛生的な影響に関する科学的知見や子どもの教育を
受ける権利などを慎重に考慮し、再開の是非を決定していただきたい。
 なお、新潟県内において、自治体による休校決定が、教育委員会の審議を経ず、
かつ、教育委員会への報告もなされないという不適法な手続きによりなされたケー
スもみられるところである。
 そもそも、休校(学校の臨時休業)は、学校保健安全法20条に基づくものであ
り、学校の設置者が行うこととなる。
 地方教育行政の組織及び運営に関する法律30条は、地方自治体が学校を設置し
うるとしている。ここで注意すべきは、設置者は首長ではないということである。
そして、同法21条は、学校の設置、管理に関する事柄を教育委員会の権限として
いる。
 よって、教育委員会が、公立学校の設置・管理者としての権限行使を行うことに
なり、学校保健安全法20条による休校判断も教育委員会が行うことになる。 
 教育委員会が公立学校の設置者としての権限を行使することは、平成26年5月
14日の衆議院文部科学委員会において、文部科学大臣が明確に答弁しているとこ
ろでもある。
 裁判例においても、教育委員会が公立学校の設置者としての権限責任を負うこと
は、これまで特段争われてきていない(例えば、東日本大震災時に公立学校生徒が
津波の犠牲になった事件に関する仙台高裁平成30年4月26日判決は、「前提と
なる事実」において、「平成7年1月17日の阪神・淡路大震災の発生や平成13
年6月8日の大阪教育大学附属池田小学校での児童・教員殺傷事件の発生など,学
校という公共施設に通う児童生徒の安全を取り巻く状況は緊迫度を増し,施設建物
を建築して児童生徒をそこに集めれば児童生徒の安全が確保されるというような生
易しい社会情勢ではないという認識が国民全体に浸透してきた。そこに,学校保健
安全法を改正し,法律の明文をもって,学校安全に関する地域の実情や児童生徒の
実態を踏まえつつ,各学校において共通して取り組まれるべき事項について規定を
整備するとともに,学校の設置者の責務を定める等の措置を講ずることを規定する
必要性が生まれたということができる(乙59・1枚目)。したがって,上記改正
によって新設された同法26条ないし29条は,地方公共団体が設置する学校に関
していえば,教育委員会,その運営主体である学校及びその運営責任者である校長
に対し,公教育制度を円滑に運営するための根源的義務を明文化したものと解する
ことができる」と述べているところであり、学校保健安全法上、教育委員会が公立
学校の設置者としての権限行使をするものであることを当然の前提としている)。
 この点、地方教育行政の組織及び運営に関する法律25条により、教育委員会の
権限を教育長に委任することは可能である。
 しかし、例えば、新潟市教育長の事務の委任等に関する規則2条1項は、「特に
重要又は異例に属する事務で,委員会の議を経る必要があると認められる事項」に
ついて、教育委員会は教育長に委任をなしえないとしている。大方の自治体におい
て同様の規則があるが、新型コロナウイルス感染対策としての一斉休校については、
極めて異例な事態であり、教育の政治的中立性と教育行政の安定をはかるという教
育委員会制度の趣旨からすれば、教育長に委任をなしえないと解釈すべきである。
 仮に、教育長に委任をなしうるとしても、休校の決定について教育委員会への報
告は必須である。例えば、新潟市教育長の事務の委任等に関する規則2条1項は、
「教育長は,前項の規定により委任された事務で重要若しくは異例に属すると認め
る事項又は委員会から求められた事項については,その事務の執行及び管理の状況
を,遅滞なく,委員会に報告しなければならない。」としているところであるが、
これも大方の自治体において同様の規定が設けられているところである。よって、
休校の決定について教育委員会の会議に報告し、教育委員の意見を聞くことは必要
である。
 学校の休校に関する判断が、子どもの教育を受ける権利という重大な権利に関わ
ることから、各自治体においては休校や学校再開について関係法令を遵守し、教育
委員会の審議を経るか、少なくとも教育委員会に報告を行い、その意見を聞くべき
である。                               以上
                           
                           2020年3月24日
                              新潟県弁護士会
                           会長 齋 藤   裕

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら