新潟県弁護士会 – 弁護士会

声明・意見書

2020年03月5日|声明・意見書

新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等に伴う保護者に対する給付型休暇取得支援をフリーランスにも行うことを求める会長声明

 政府は、令和2年3月2日、「新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休
業等に伴う保護者の休暇取得支援(新たな助成金制度)について」を発出し、正規非
正規を問わない労働者について、新型コロナウイルス感染防止策として臨時休業した
小学校等に通う子等の世話を行うことが必要となった労働者に対し、労働基準法上の
年次有給休暇とは別途有給(賃金全額支給)の休暇を取得させた事業主に、日額上限
8330円を支給することを明らかとした。
 同制度は、雇用保険被保険者に対しては労働保険特会から支給、それ以外は一般会
計から支給するものである。
 しかし、上記制度はフリーランスを対象としていない。
 フリーランスにおいても、新型コロナウイルス感染防止策として臨時休業した小学
校等に通う子等の世話を行うことが必要となり、休職しなくてはならない事態は十分
に想定しうる。また、上記制度は一般会計からの支出も予定されており、フリーラン
スへの支給に支障はないはずである。
 平成29年3月の「雇用関係によらない働き方」に関する研究会報告書は、フリー
ランスを前提に、「人生100年時代で働き手が自らのライフステージに合った働き
方ができるよう、柔軟な働き方を選択できる社会を創り上げていくことが必要である」、
柔軟な働き方を選択肢として確立する上で、「一番重要視すべき視点は『収入途絶・
減少リスク』」であるとしている。
 令和2年2月14日にフリーランス協会が「雇用類似の働き方に係る論点整理等に
関する検討会」に提出した「フリーランスの実態と課題」と題する資料でも、アンケ
ートの結果、「フリーランスや副業をするといった新しい働き方を日本で選択しやす
くするためには、何が必要だと思いますか?」との質問に対し、63・6パーセント
が「出産・育児・介護などのセーフテフィネット(休暇や所得補填)」をあげている
ところである。
 このように、フリーランスが選択可能で、働きやすいものとなるためには、子育て
などに伴う収入途絶リスクに対する保障が重要であることが明らかである。
 官房長官は、フリーランスについて貸付型の支援を行う考えを示したが、今般の休
暇取得支援について労働者とフリーランスとを区別する実質的理由は見出しがたく、
労働者について給付型支援がなされるのに、フリーランスにはなされないことは不合
理である。
 政府は、新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等に伴う保護者に対
する給付型の休暇取得支援をフリーランスにも行うべきである。政府に速やかな対応
を求める。
                                   以 上
                        2020年3月5日  
                         新潟県弁護士会
                          会長 齋 藤   裕

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら