新潟県弁護士会 – 弁護士会

声明・意見書

2020年03月5日|声明・意見書

新潟県内公立学校において子どもの教育を受ける権利を踏まえた休業日決定を行うこと等を求める会長声明

 政府は2月28日、各教育委員会に対し、新型コロナウイルス感染防止のため、
3月2日から春休みに入るまで臨時休校とするよう要請した。それを受け、県内の
各教育委員会は、要請に沿い、3月2日あるいはそれに近い日から春休みまでの休
校を決定したところである。
 新型コロナウイルス感染防止は極めて重要である。
 他方、公教育は、憲法26条1項の教育を受ける権利を保障するものであり、休
校の判断は慎重になされなければならない。
 しかし、2月29日に行われた安倍総理大臣の記者会見でも、休校判断を裏付け
る医学的知見は示されなかった。3月2日の参議院予算委員会において、安倍総理
大臣は、休校の判断にあたり直接専門家の意見を聞いたものではないと答弁している。
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の公表文書中でも全国一斉休校の必要性は
示されていない。Report of the WHO-China Joint Mission on Coronavirus
Disease 2019でも、学校での感染事例はあげられていないし、〝infected children
have largely been identified through contact tracing in households of adults〟
とされているところであり、学校での感染の危険性は指摘されていないところである。
 言うまでもなく、学校保健安全法20条は、感染症予防のための休校については学校
設置者が決定するものとしており、最終的には各教育委員会が新型コロナウイルス感染
防止対策としての休校日を決定しうるところである。
 よって、各教育委員会は、新型コロナウイルスについての知見の推移、県内における
感染状況などを踏まえ、それぞれの管轄地域において感染防止のための休校の必要性が
高くないと判断される場合には、政府の要請と異なる方向となるとしても、春休み前の
授業再開あるいは春休みにおける授業実施を決定すべきである。
 また、政府は、各教育委員会が独自に適切な判断を行いうるよう、速やかに学校生活
における新型コロナウイルス感染の危険性を裏付ける情報の提供を行っていただきたい。
                                     以上

                     2020年3月3日
                      新潟県弁護士会
                       会長 齋 藤   裕

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら