新潟県弁護士会

声明・意見書

2012年03月7日|声明・意見書

東日本大震災及び福島原発事故による被災者への「法的支援事業」特別措置法の制定を求める会長談話

当会は、東日本大震災及び福島原発事故発生直後から、日本弁護士連合会、日本司法支援センターなどと協力しながら、県内の避難者のための法律相談活動を行い、また、福島県会津地方での法律相談活動に弁護士を派遣するなど、被災者の支援活動を行ってきた。
その中で、現在の総合法律支援法に基づく法的支援には、大きな限界があることが明らかになった。
同法は、弁護士等による法的サービスをより身近に受けられるようにするための支援について定めており、資力の乏しい者にも民事裁判等手続の利用をより容易にする民事法律扶助事業を一つの中核の事業と定めている。この民事法律扶助の利用のためには資力要件が課されており、支援の対象も原則として裁判所による民事裁判等手続に限定されている。
しかし、被災者に資力の有無を申告させ確認することは、被災者の苦しみに対する配慮に著しく欠けるものと言わざるを得ない。
また、今回の被災については、「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」といった、裁判外の法的問題解決手続が設けられている。民事法律扶助事業では裁判外の手続の利用を正面から認めてこなかったが、被災地の法的問題の解決のためには、このような手続の利用を促進させる必要がある。
そこで、当会は、東日本大震災及び福島原発事故による被災者支援のため、
(1)資力で被災者を選別しない法的支援事業の創設
(2)民事裁判に限定されない柔軟な支援の実現
を内容とする「法的支援事業」特別措置法が早急に制定されることを求める。

2012年(平成24年)3月6日

新 潟 県 弁 護 士 会
会 長  砂 田 徹 也

サイト内を検索する

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら