新潟県弁護士会 – 弁護士会

声明・意見書

2020年03月13日|声明・意見書

新型インフルエンザ等対策特別措置法改定を受けての会長談話

 本日、新型インフルエンザ等対策特別措置法改定法案が参議院委員会で可決され、
同法において新型コロナウイルス感染症を対象としうることが明確化されることが
確実となった。
 当会は、2020年3月6日に公表した「新型インフルエンザ等対策特別措置法
制定についての会長声明」において、新型インフルエンザ等対策特別措置法45条
は、特定都道府県知事において学校等施設管理者に対し利用停止等を指示等できる
としているところ、学校等の利用停止等は教育を受ける権利等重要な権利と抵触し
かねないので、最低限利用停止等の指示等をするについては医師等の専門家の意見
聴取を義務付けるべきこと、後世によるチェックを可能とするために指示をすると
の判断プロセスの記録保存などを求めた。しかし、本日成立する改定法においても、
この点の義務付けはなされていない。
 新潟県知事が特定都道府県知事として学校等施設管理者に対し利用程度等を指示
する場合には、新潟県新型インフルエンザ等対策行動計画に従って判断を行うと思
われる。しかし、同行動計画においても、例えば、「県内感染期」において、「新
型インフルエンザ対策専門委員会」の開催は必要的ではなく、新型インフルエンザ
等対策特別措置法45条による指示についても専門家の意見聴取は必要とされてい
ない。45条による指示が、県民生活に重大な支障を及ぼすことからすると、極力
慎重な判断がされるべきであり、45条による指示を行うについては新型インフル
エンザ対策専門委員会ないし他の医学等専門家の意見聴取を必ず行うこととすべき
である。
 また、指示についての判断プロセスを後世から検証できるようにするため、判断
プロセスについての記録保存を行うべきである。
 さらに、新型コロナウイルス感染症が新型インフルエンザ等対策特別措置法の対
象となることが明記されたことにより、感染者の行動履歴等の開示も新潟県新型イ
ンフルエンザ等対策行動計画に従ってなされることになると考えられる。しかるに、
同行動計画においては、「提供する情報の内容については、個人情報の保護と公益
性に十分配慮して伝えることが重要である」(16頁)という程度の抽象的な記載
しかない。この点、当会が本年2月25日の「新型コロナウイルス感染者の行動履
歴開示の是非について早急かつ慎重な検討を求める会長声明」において明らかとし
たとおり、新潟県個人情報保護条例の趣旨を踏まえ、開示範囲は、個人が特定され
得ない範囲、あるいは不特定の濃厚接触者に周知を図る必要があるため開示につい
て個人の生命等を守るため緊急かつやむを得ない必要性があると考えられる範囲内
にとどめるべきである。新潟県において、今後、感染者の行動履歴を開示する場合
においては、感染者の個人情報等に配慮し、新潟県個人情報保護条例の趣旨を踏ま
えていただきたい。
 以上については、新潟県新型インフルエンザ等対策行動計画に盛り込むべきであ
るし、最低限運用上配慮がなされるべきである。
                                   以上
                      2020年3月13日
                       新潟県弁護士会
                        会長 齋 藤   裕

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら