新潟県弁護士会 – 弁護士会

声明・意見書

2021年03月10日|声明・意見書

生活保護基準引き下げの見直しを求める会長声明

 2021年(令和3年)2月22日、大阪地方裁判所は、国が2013年(平成25年)8月から3回に分
けて実施した生活保護基準の引下げは生存権を保障した憲法25条に反するなどとして、大
阪府内の生活保護利用者らが保護費を減額した決定の取消しなどを求めた訴訟において、
厚生労働大臣の判断には「最低限度の生活の具体化に係る判断の過程及び手続に過誤、欠落
があり、裁量権の範囲の逸脱または濫用がある」として、保護費の減額決定を取り消す判決
を言い渡した。
 本判決は、厚生労働大臣が生活保護基準を引き下げた判断において、①特異な物価上昇が
起こった2008年(平成20年)からの物価の下落を考慮したこと、②テレビ・ビデオレコーダー
・パソコンなど被保護世帯での支出割合が相当低い教養娯楽用耐久材の物価の大幅下落が大
きく反映された結果としてのCPIの下落率をデフレ調整の物価下落率として採用したことが、
いずれも統計などの客観的な数値等との合理的関連性や専門的知見との整合性を欠いている
と指摘した。本判決は、2013年(平成25年)8月以降の生活保護費引下げに合理性がないこと
を的確に指摘したものであり、高く評価すべきものである。
 折しも、運用面においては、昨年以来、新型コロナウィルス感染症流行による市民生活の
困窮の深刻化の中で、セーフティネットである生活保護制度の重要性が見直され、扶養照会
に関する通知の見直しなど制度を利用しやすくする方策が打ち出されている一方で、最近の
新聞報道においては、新潟県内においても、消極的な行政の姿勢などにより、生活保護の申
請のハードルが高いことが指摘されている。今必要なことは、憲法25条の「健康で文化的な
最低限度の生活」を具体化する生活保護制度を改善・充実させ、必要な人が使いやすくする
ことである。
 当会は、保護基準の引下げに強く反対してきた(2012年(平成24)年10月17日「生活保護基
準の引下げに強く反対する意見書」、2018年(平成30)年1月30日「生活保護基準の引下げに反
対する声明」)。また、2013(平成25)年度以降日本弁護士連合会の「全国一斉生活保護ホット
ライン」に参加するとともに、会長声明の公表、シンポジウムや市民集会の開催など、生活
保護制度の改善と充実のための相談・提言活動を行ってきた。
当会は、国に対し、本判決をふまえて早急に現在の生活保護基準を見直し、少なくとも2013年
(平成25年)8月以前の生活保護基準に戻すことを求める。
また、本判決を機に、生活保護制度の基本的人権の保障としての意義を再確認するとともに、
今後も相談・提言活動を積極的に行っていくことを、改めて表明する。

                      2021年(令和3年)3月9日   
                           新潟県弁護士会       
                            会長 水 内 基 成 

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら