新潟県弁護士会 – 弁護士会

声明・意見書

2021年03月10日|声明・意見書

特定商取引法及び特定商品預託法の書面交付義務の電子化に反対する会長声明

第1 声明の趣旨
 当会は、特定商取引に関する法律(以下「特商法」という。)及び特定商品等の預託等
取引契約に関する法律(以下「預託法」という。)が規定する契約書面等の交付義務を緩
和し、電子交付することを可能にする法改正に反対する。

第2 声明の理由
1 政府が示している方針
  政府は、現行の特商法及び預託法において事業者が消費者に対して書面での交付を義
 務づけている概要書面及び契約書面(以下、「契約書面等」という)について、消費者
 の承諾を得た場合には電子交付を可能にするよう特商法及び預託法を改正する方針を示
 している(2021年(令和3年)1月14日開催の消費者委員会)。
2 政府の方針の問題点
 このような法改正には以下のような問題がある。
 ⑴ 特商法は、不意打ち的勧誘(訪問販売等)や利益誘引勧誘(マルチ商法等)など、
  消費者が契約内容を冷静に確認せずに契約締結に至るおそれが高い取引類型につい
  て、契約書面等の交付を義務づけることにより、消費者に契約内容等の情報を提供
  し、クーリング・オフの権利を告知することで、消費者の保護を図っているもので
  ある。
   しかし、スマートフォン等の小さな画面では、スクロールや拡大の操作で探索し
  なければ必要な情報を確認することができないし、そもそも、現行法で義務づけら
  れている8ポイント以上の活字の大きさをスマートフォンの画面で確保することは
  困難である。
 ⑵ また、高齢者や若年者が締結してしまった不当な契約について、契約書面等を家
  族や見守り活動者が発見することにより、消費者被害が発覚することがあるが、電
  子交付においては、第三者による被害回復が困難になるおそれがある。
 ⑶ そもそも、訪問販売等の対面型の取引においては、事業者がその場で契約書面を
  作成し交付の上、説明すべきであり、電子交付を認める必要性がない。
 ⑷ 預託法における書面交付義務についても、商品の預託に伴い財産上の利益を提供
  することを約する契約類型において、契約書面等の交付を通じて預託利益を生み出
  す収益事業の実現可能性を消費者に冷静に検討させることは消費者保護を図るため
  に重要であるところ、安易に電子交付を認めることは消費者保護の機能を没却させ
  ることになりかねない。
 ⑸ なお、消費者庁は、消費者の承諾を得た場合に限って電子交付を認める方針を掲
  げている。しかし、書面交付の趣旨は、契約内容やクーリング・オフ等の権利を十
  分に認識していない消費者に対して、積極的にこれを伝達する措置であるから、電
  子交付を選択することによるリスクを十分に理解していない消費者から承諾を得た
  としても、その意義には疑問があり、このような要件で電子交付を認めることは、
  消費者保護の制度趣旨を無視するものである。預託法についても同様である。
3 よって、当会は、契約書面等の電子化を認める特商法及び預託法の改正に反対する。

                      2021年(令和3年)3月9日   
                           新潟県弁護士会       
                            会長 水 内 基 成  

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
スマホ・パソコンからの
相談予約はこちら